毛穴のケアが肌印象を決める

標準

毛穴がないと、保湿成分が入っていかないので必要なものとは分かっているのですが、締まりのない縦型の毛穴を見ると気分が落ちます。

でも私は、以前サンプルで試した事がある我的美麗日記というパックで、毛穴のたるみを改善したのです。

このパックは何種類かあり、中でも黒真珠マスクが良く、特に毛穴効果が高いものではないではないですがお肌全体を潤してくれます。正しくたるみ毛穴救助対処法です。

湯船や、朝晩のぬるま湯で洗顔で毛穴は開き美容成分が入りやすくなるので、ここでパックの出番です。

毛穴が開ききった状態で顔全体にマスクを広げ、約15分程時間を置いてから外します。
鏡を見るとかなりの潤いに満ちた肌で、せっかくの美容成分を逃さないようにオールインワンジェルを塗り毛穴に蓋を、私が使用しているのは素肌しずくの化粧品で普通に薬局で買えます。

ジェルを塗った後には、充分に肌が保湿されたので締りのある毛穴になり、実際肌を触ってみるとリフトアップした感触もありです。

この我的美麗日記パックは薬局でもよく目に入る事がありコストマフォーマンも良い優れものとなります。
さらにクレンジングにいいものを使うと毛穴は良くなりますよ。
毎日やると効果が出にくいと思い、週1~2日のペースで取り組んでいます。参考サイトはこちら

マット肌より艶肌

標準

マットな肌よりツヤ肌の方が好きなんですが、ツヤ肌を作るために行っていることはファンデーションを塗る前に、保湿をしっかりすることです。基礎の基礎になりますが、保湿がきちんと保たれなければツヤ肌を作ることができません。保湿が出来ていないと、ツヤ肌というよりは、皮脂が出てきてテカリ肌になる恐れがあります。なのでしっかり化粧水、乳液で保湿をします。
ファンデーションはクリームファンデーションを使用してます。よりツヤ肌にしたい時にはファンデーションに乳液を混ぜる事もあります。ファンデーションの塗り方としてはなるべく薄く塗ります。必要最低限のファンデーションを薄く伸ばして、必要な所にだけコンシーラーを少しのせ、フェイスパウダーは本当に少しだけパフではなく筆でのせます。フェイスパウダーをパフでのせると粉がつきすぎてマット肌になってしまうので、筆でうっすらのるように仕上げます。

テクニックなしでもツヤ肌になれるおすすめファンデーション♪